読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤いチーム、緑のチーム、赤いチーム

Stoke,Bremen,ASRoma,sometime,Liverpool

アーセナルがバルセロナに勝つ(勝ちに近づく)5つのファクター。

今宵はチャンピオンズリーグアーセナル×バルセロナが行われる、そんな中BBCでは「How can beat Barcelona」というタイトルの記事があった。

f:id:enotyann:20160223235222j:plain

アーセナルが火曜日にホームでバルセロナと闘う、グーナー誰もが望むのは2011年の2-1で勝利をした試合の再現だろう、しかしバルセロナは昨年、9月にセビージャに負けて以来負けは無い、そして今シーズン3回しか負けていないのである。

メッシ、ネイマールスアレスを擁するバルセロナに勝つためには全てのプレイヤーが出来得る限りの力を出し、更に相手のミスを突き、幸運がこぼれ落ちてこないといけないのである。そんなチームに対して少しでも勝てる方法があるとしたら、そんなテーマで見て行こう。

 

球際を厳しく行け。

バルセロナは平均して3.2人、ゲームにおいてイエローカードをもらっているが、バルセロナを倒しているクラブは平均して4.3人カードをもらっている。

アスレティックビルバオは夏のスーパーカップ、そして今シーズンの2つのゲームにおいて10回イエローカードをもらい、そして退場者も出している、セビージャは5回イエローカードをもらい、リーガで勝利を収めている。

バルセロナは今シーズン平均して3人イエローカードを各ゲームでもらっているがバルセロナを倒しているクラブは4人もらっている、このカタルーニャのクラブはハードな試合が嫌いなのかもしれない。

 

 控え選手を多く使う

アトレティコマドリーは過去3年間、バルセロナを破ったクラブの中で唯一3人の交代枠を使い切らなかったクラブだ。

アトレティコマドリーは過去3年間で唯一、3人の交代枠を使わずにバルセロナに勝ったクラブである、2014年のチャンピオンズリーグ準決勝での出来事だ。

 

過去バルセロナに勝ったクラブの交代枠の使い方の半分はラスト10分前後でラストの選手を投入、20%が5分前後での投入となっている、この交代の選手が勝敗を決めるかは不明瞭だが、選手交代がバルセロナに対してプレッシャーを与えるのは間違いない。

 

レバンテを倒した後である。 

25%以上、過去3シーズンレバンテに勝ってからのゲームでバルセロナが負ける確立。

 今シーズン、バルセロナがセルタに1-4と敗戦を喫したのも、レバンテに5-0と大勝した後、昨シーズンもマラガに負けたのはレバンテに5-0と勝った後、また5-1とレバンテに勝った後はヴァレンシアに敗戦を喫している。

バルセロナは大勝を挙げた試合の後は弱いのかもしれない、2013年から17敗を通算で喫しているが、そのうち8ゲームが大勝を挙げた後のゲームである。

 

ビルバオソシエダ、もしくはセルタになれ

過去3シーズンにおいてバルセロナが喫した敗戦の半分が4クラブによるものである。

もちろん一番勝ち星を挙げているのはレアルマドリーである、しかし、マドリーは今シーズン、4-0と大敗を喫しているので今回は除外する、するとバルサに対して大抵1勝を挙げるクラブは、ビルバオソシエダ、そしてセルタなのである。

 

主力選手のクオリティ

リオネル・メッシペトル・チェフから点を取っていない。

過去2シーズン、バルセロナチャンピオンズリーグで勝っているクラブ、バイエルンパリサンジェルマンにはレヴァンドフスキカバーニといった主力選手が上手く働き勝つことが出来た。

そしてそれはアーセナルでいうと、チェフ、エジルそしてサンチェスである。

彼らが常にチャンスを作り出すことが勝つことの近道である。

ちなみにメッシは過去8回の対戦でチェフからゴールを奪ったことがない。

 

結局アーセナルは勝てるのか。

アーセナルはハードに行けるのか、そこは議論をしなければいけない点である。

ベンチにオプションを持っているのは誰が見ても明らかだ、そしてベンゲルは交代枠を3枚使う傾向にある(過去10ゲームのうち、8ゲームで3枚使っている)

しかし、彼らはセルタやソシエダにはなれない。

そして不幸なことに、エンリケのクラブは先週末、ラスパルマスに2-1と勝利している、そうレバンテに大勝していないのである。

あまり良い傾向は見えていない、そしてアーセナルがもしバルセロナに今日勝てたとしても、次のゲームはカンプノウである、過去、セルタ、ビルバオバルセロナに勝った後のゲームを見てみると3点以上、メッシ率いるバルサイレブンに点を取られているのである、例にもれず、セビージャも4-0で負けている。

 

これがBBCに載っている訳ですからイギリスはバルサ戦を楽しんでますね、素晴らしい。

特にレバンテに大勝した後は負けやすいとか、なんていう屁理屈なんだ、そしてそれに該当していないというなんともな記事ですが、こういったことでやんややんや言える、それが楽しいですよね。

 

もちろん、ガナーズに勝ってほしい、グーナー編集長(勝手なイメージ)で有名なフットボリスタですら、劣勢は認めていますが、ここで何かを起こすのがガナーズでしょう。

ただゲームが壊れる可能性も無きにしもあらずという、これ必見のゲームでしょう。