読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤いチーム、緑のチーム、赤いチーム

Stoke,Bremen,ASRoma,sometime,Liverpool

Crystal Palace 1-2 Liverpool

Liverpool Crystal Palace BBC マッチレビュー premier league

f:id:enotyann:20160307235826j:plain

クリスティアン・ベンテケのPKがドラマティックな勝利をリバプールにもたらした。

ダミアン・デラニーのチャレンジを受けて倒れたベンテケが冷静にPKを沈め、リバプールに勝利をもたらした。

48分にパレスのジョー・レドリーがゴールを決め、リバプールミルナーは2枚目のイエローを受け63分に退場と劣勢になる。

しかし、72分パレスGKアレックス・マッカーシーの不幸なスリップからロベルト・フェルミーノが同点ゴールを決める。

アラン・パーデュのクラブはプレミアでは12試合勝ちが無い。

 

最後にPKのドラマが待っていた

パーデュはPKの判定を聞いた瞬間、グラウンドにフラストレーションをぶちまけた。

デラニーの膝が、ベンテケの足首にあたり、主審のアンドレマリナーは良い場所にいた副審のアドバイスにより、PKの判定、これがゲームを決めるゴールを導いた。

マッカーシーはミスにより失点を喫していたためにPKを止めることでヒーローになれるチャンスがあったが、ベンテケがゴールを決めた、715分ぶりのゴールだった。

 

多大な損失のキーパーのミス

パレスは2016年勝ち星を挙げていない唯一のプレミアのクラブ。

レドリーがゴールを決めた後なんとか耐えていたがキーパーのミスがすべてを台無しにしてしまった。

ヘネシーの怪我により9月からスライドしてゴールを守ってきたマッカーシー、しかし彼のボールがフィルミーノに渡り同点ゴールを与えてしまった。

 

リバプールの10人が成し遂げたもの。

リバプールは勝ったことによって7位になり、4位のシティとの差は6ポイントとなった。

またリバプールは10人になった後の方がゲームを支配していた。

リバプールはCL争いのステージからは下りたものと考えられていた、しかし、ミッドウィークにシティに3-0で勝利するなどまたステージにあがってきた。

10人のリバプールはパレスよりも2km多く走り、113kmの走行距離を記録した、パレスは111kmだった。

 

マンオブザマッチ:ララーナ

f:id:enotyann:20160308004638j:plain

ララーナはピッチ上の誰よりも走り、またパス成功率も92%を記録した。